吉本騒動収束へ 田村亮だけ取り残される!

吉本興業 闇営業
ANN NEWS

吉本興業の闇営業問題で多くのメディア注目され、連日テレビや雑誌で報道されました。

しかし、ここにきて吉本興業騒動が収束しているのです。
その中でロンブーの田村亮さんだけが取り残されているというのです。

一体どういうことなのでしょうか?

騒動後のそれぞれの今後の活動について詳しく調査してみました。

スポンサーリンク

吉本騒動の概要

宮迫博之さんや田村亮さんら11人の芸人さんが、反社会的勢力のパーティーへ参加した上で、それぞれお金を受け取っていたという騒動でした。

最初は、宮迫博之さんらは謝礼を受け取っていたことを否定しており、隠ぺい工作とも取れる行動を取っていたことも問題視されましたね。

さらに、記者会見を開き真実を公表したいという田村亮さんに対しての、吉本興業の岡本社長のパワハラ発言も暴露され、吉本興業の闇が白日の下に明らかとなりました。

その後、宮迫博之さんは無期限謹慎処分となり、現在でボランティア活動に励んでいるそうです。

また藤浩次さんが吉本上層部への不信から退社を明言した事で一時は吉本分裂騒動になりかけていましたが、最終的には加藤浩次さんは吉本残留を決定しています。

関連記事:加藤浩次が吉本残留 芸能人からは評価の声

関連記事:吉本問題における加藤浩次の一連の行動を評価する人は56.3%

宮迫博之は明石家さんまの個人事務所へ移籍

宮迫博之さんは、吉本興業を退社して明石家さんまさんの個人事務所への移籍が明らかになりました。

宮迫博之さんは、「さんまさんについていきます」と取材に応答えているそうです。

関連記事:宮迫、さんまの元で早くも復帰に賛否別れる

一方明石家さんまさんは、「吉本も、世間的には落ち着いてきているかもしれないけど、こっち的にはこれからが大変になる」と語っています。

「腕のいいマネージャーがいてくれるとわが社は助かる」として、スタッフを新たに募集していることも明かしました。

早ければ年末にも復帰?

では、宮迫博之さんはいつ頃、芸能界復帰をするのでしょうか?

現在、ネット上で噂をされているのが、年末の恒例番組である「明石家サンタ」の不幸自慢のコーナーへの電話出演なのです。

毎年、自身の不幸について電話で告白し、明石家さんまさんから合格が出れば、豪華賞品をプレゼントされる、という企画で過去にも多くの芸能人がサプライズで電話出演を果たしています。

宮迫博之さんは、果たして電話出演をするのでしょうか。

他の謹慎処分の芸人は?

さらに、宮迫博之さん以外の他の芸人さんに対しての謹慎処分も解かれ、事態は収束へ向かっていると言えます。

8月19日付けで謹慎処分を解く

吉本興業は、レイザーラモンHGさん、くまだまさしさん、スリムクラブさんら11人の芸人に対して、8月19日付けで謹慎処分を解くことを明かしました。

その理由としては、謹慎処分以降、大いに反省して上で社会活動に積極的に参加していたことを挙げています。
19日以降は、吉本興業の劇場での仕事復帰となるそうです。

ロンブーの亮だけが取り残される

そんな、中でロンブーの田村亮さんだけが取り残されるとはどういうことなのでしょうか?

吉本は残留を宣言

田村亮さんについては、吉本興業は残留することを宣言しています。

会見でも涙ながらに真相を明かして、謝罪する田村亮さんの姿に世間は同情を覚えたもの事実です。

会見後の田村亮さんについて、相方の田村淳さんはツイッター上で語っていました。

ロンブー淳が明かす現在の様子

そして、現在の田村亮さんの様子ですが、田村淳さんいよれば会えないため「毎日電話をしている」そうです。

お年寄りに『こういう詐欺があるから気をつけてください』と呼び掛ける啓蒙活動の準備をしている。僕は手を貸さない。亮さんが詐欺をしたわけではないけど、間接的に金を受け取ってしまったのだから

yahooニュース

また、芸能界復帰に関しても今は、いろいろなメディアがある。ネットテレビとかSNSとか、いろいろな方法で頑張ってと相方として応援していくことを明かしました。

二人のコンビ愛を感じますね。

ネット上の意見は?

では、ネット上の意見はどういった意見が挙がっているのでしょうか?

まとめ

今回の吉本興業の騒動は、宮迫博之さんが明石家さんまさんの個人事務所へ移籍し、他の11人の芸人さんに関しては8月19日付けで謹慎処分を解くことが報道されました。

そんな中でロンブーの田村亮さんだけが取り残された状況になっており、復帰の目途が立っていません。

相方の田村淳さんは、復帰については「ネットテレビとかSNSとか、いろいろな方法で頑張って」と応援していくことを明かしています。

また田村亮さんの元気な姿を見ることはできるのでしょうか。
今後の動向から目が離せませんね。