宮迫、さんまの元で早くも復帰に賛否別れる!

吉本興業 闇営業
ヤフーニュース

吉本興業の闇営業が発覚し、世間を騒がせましたね。

その後も、宮迫博之さんと田村淳さんがを涙ながらに謝罪と吉本興業の実態を告発をし、それを受けて加藤浩次さんが番組内で吉本経営層が責任を取らないなら退社すると明言した事により事態はカオス化しました。

しかし松本人志さんを始めとしたベテラン芸人たちが事態の収拾にあたった事により加藤浩次さんが退社を撤回し残留を決めるなど、騒動はようやく収束に向かい始めました。

関連記事:加藤浩次が吉本残留 芸能人からは評価の声

関連記事:吉本騒動収束へ 専属エージェント契約でどう変わるのか

関連記事:吉本問題における加藤浩次の一連の行動を評価する人は56.3%

騒動が収束しつつあるここにきて、何と宮迫博之さんが明石家さんまさんの個人事務所へ移籍するという噂が浮上してきました。

一体どういうことなのでしょうか?
ネット上の賛否を調べてみました。

スポンサーリンク

明石家さんまの個人事務所とは?

明石家さんまさんは、実は個人事務所を持っていたことをご存知ですか?
意外と知られていない、明石家さんまさんの個人事務所についてご紹介します。

オフィス事務所と吉本興業の所属

明石家さんまさんはの所属は、吉本興業と個人事務所のオフィス事務所になっています。

ネット上では、2013年頃からオフィス事務所を立ち上げていると言われています。

では、なぜ、吉本興業だけの所属ではないのでしょうか?

それは、明石家さんまさんだからこその理由を挙げることができます。

節税対策のため

明石家さんまさんが、個人事務所を設ける理由に、「節税対策」「自身のマネージメント」を挙げることができます。

明石家さんまさんは今やバラエティー番組、ラジオ番組といったテレビでその姿を見ることがないほど、芸能界の第一線で活躍をされています。

ですから、収入も相当な額になるのです。
吉本興業から直接給与として支給されてしまうと、支払う税金は多額に及びます。

そのため、一旦個人事務所を経由することで、節税対策をしているというわけです。

現在の宮迫の様子は?

では、吉本興業の闇営業の問題が発覚して以降、無期限の謹慎処分になっている宮迫博之さんは、現在何をしているのでしょうか?

宮迫博之さんは、ボランティア活動を中心に社会貢献を行っていると言います。
その帰りなのでしょうか、自身のツイッターを久しぶりに更新をしていました。

少し痩せたような印象を受けますね。

明石家さんまの事務所へ宮迫が入る

そんな、無期限謹慎処分中の宮迫博之さんが、明石家さんまさんの事務所へ移籍するとはどういことなのでしょうか?

ラジオで明かした

今回の宮迫博之さんの事務所の移転について、明かしたのはなんと、明石家さんまさん自身でした。

それは、明石家さんまさんがパーソナリティーを務めるラジオ番組の冒頭で明かされました。

世間的には(吉本の騒動も)落ち着いてきたみたいやけど、ウチら的にはこれからが大変

本決まりでも何でもないんですけど、宮迫がウチに来てくれるということで

AbemaNews

と語りました。

さらにスタッフ不足なことを明かした上で、優秀な人材を新めて募集していると語っています。

今回の事務所の移籍については、宮迫博之さんも希望しています。

取材者に対して「さんまさんについていきます」とコメントしていたそうです。

いつ頃復帰?

では、具体的にはいつ頃復帰をするのでしょうか?

早ければ、年末!?

当初は、早くても来年の3月か4月以降になると言われていました。

しかし、ここにきて早ければ何と年末には復帰をするのではないか?と噂されているのです。

その理由が、毎年の恒例である「明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー」で芸能界復帰をすると一部のメディアが報道しています。

明石家サンタの番組内で恒例となっている不幸を発表し、明石家さんまさんと八木亜希子さんが合格を出せば、豪華賞品がプレゼントされるという企画です。

その不幸自慢に宮迫博之さんが電話出演をするのではないか?と言われているのです。

ネット上では賛否が分かれる

では、実際にネット上ではどういった意見が挙がっているのでしょうか?

賛成派

賛成派の意見はこちらです。

反対派

反対派の意見はこちらです。

まとめ

吉本興業による闇営業問題で現在、無期限謹慎処分中の宮迫博之さんが、明石家さんまさんの個人事務所であるオフィス事務所への移籍を明らかにしました。

そのことで、今後芸能界復帰が早ければ明石家さんまさんの年末恒例番組である「明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー」になるのではないか?と噂されていました。

この噂によってネット上では賛否両論が巻き起こっています。

今後の宮迫博之さんの動向から目が離せませんね。