山里亮太の妄想小説 評価口コミ紹介

小説 芸能

南海キャンディーズの山里亮太さんの短編妄想小説が今話題になっていますが、その評価が気になるところですね。

では、今回山里さんの短編妄想小説の重版が決定したのは単に蒼井優さんとの結婚発表による相乗効果なのでしょうか。

それとも、実際に優れた小説なのでしょうか。

ここでは、その評価や口コミを紹介します。

スポンサーリンク

山里亮太の妄想小説が重版に!その評価は?

女優蒼井優との結婚で芸人山里亮太の好感度が急上昇

先日、人気女優蒼井優さんとの結婚を発表し、「非モテ芸人がモテ女優と結婚!」と世間に衝撃をもたらした南海キャンディーズの山里亮太さん。

彼の持つ才能から、近年好感度が上がりつつあった山里亮太さんですが、結婚会見時の男前ぶりに、好感度がうなぎ登りになっています。

そして、この好感度急上昇が彼の周辺で好影響をもたらし始めているのです。

結婚相手の蒼井優は既に山里亮太のマルチな才能を見越していた!?

電撃結婚の話題性から、山里亮太の短編小説が重版決定?

山里亮太さんは、自身の妄想を膨らませ、女優やアイドルを物語の主人公とした妄想短編小説「あのコの夢を見たんです。」を4月12日に出版していました。

そして、蒼井優さんとの衝撃結婚がきっかけとなり、この小説に関心を持つ人が増え、見事重版が決定したのです。

そんな話題の山里亮太さんが描いた妄想小説の評価が気になりますね。

ましてや、短編妄想小説というあまり聞きなれないジャンルであればなおさらでしょう。

既に、自伝的小説が評判になっていた山里亮太

天才はあきらめない

実は、山里亮太さんが本を出版するのは今回が初めてではありません。

特に、自身の芸人としての魂の記録を書き記した「天才はあきらめない」は結婚前から話題となっており、10万部を突破しています。

さらに、結婚後にその注目度は増し、在庫切れとなる書店も出ています。

山里亮太さんのことをもっと知りたいという人が増えている証拠でしょう。

短編妄想小説の内容って?

それでは、今回の短編妄想小説「あのコの夢を見たんです。」とは一体どのような内容なのでしょうか。

実は、この小説は2010年10月より、月刊テレビ誌「B.L.T」で連載されているものです。

既に9年近く経過し、60本も発表していることを考慮すると、以前より読者に人気作品だったことがわかりますね。

内容は、旬な女優やアイドルを山里亮太さんが勝手に妄想した話です。

短編ですので、内容はその時によって異なりますが、今までにないタイプの小説ですよね。

小説にモデルとして登場するのは、飯豊まりえさん、松岡茉優さん、吉岡里帆さんなどといった人気ものばかりですので、興味が湧きますね。

小説に登場する飯豊まりえさんは今後ポスト〇〇としてさらに飛躍?

「あのコの夢を見たんです。」を読んだ人の感想は?

Twitterで評判は上々

山里亮太さんの短編妄想小説の世間の評価はいかがでしょうか。

皆さん、「面白く読みやすい」という感想が多く、評判は上々です。

また、山里亮太さんの予想外の結婚に対して、今回の妄想小説と重ね合わせる声も多いですね。

作品には登場しない蒼井優さんと実際には結婚できたということを思いながら、この妄想小説を読むとさらに楽しめるのではないでしょうか。

過去に小説を出版し話題になった芸人

劇団ひとり

芸人劇団ひとりさんは、2006年に「陰日向に咲く」で小説家デビュー。

その文才に多くの賞賛を受けた上、現在は夫婦のV6岡田准一さん、宮崎あおいさんが出演し、映画化され大ヒットしました。

映画に主演したV6岡田准一のテレ朝系「白い巨塔」での演技評判は?

ピース又吉

お笑いコンビピースの又吉直樹さんが芸人の域を超えたその才能で世間を驚かせてたのも皆さんの記憶に新しいでしょう。

2005年に発表された小説「火花」は発売当初からその質の高さが話題となり、第153回芥川賞を受賞しました。

また、林遣都さん主演でドラマ化、菅田将暉さん主演で映画化され、実写化作品も大変話題になりましたね。

山里亮太さんの短編妄想小説も今後の評価次第では、ここまでの話題作になる可能性も否定できません。

今後さらに話題に?

実写化や賞を受賞する可能性は?

ピースの又吉直樹さんのように、今後評価が上がれば文学賞の受賞や、映像化される可能性も出てきます。

実写化される際に、書き下ろしで新作を描き、奥さん蒼井優さん出演してくれると世間は大喜びですね。

以上、山里亮太さんの妄想小説の評価について解説しました。

結婚前から、一部ファンの間では話題の作品でしたが、結婚以降多くの人の目に触れるようになった山里亮太さんの妄想小説。

皆まだ読み始めたばかりなので、これから更に色々な意見が出てくるでしょう。

才能ある方なので、今後小説家の面でも評価されるのは微笑ましいことですが、小説が売れすぎて、天才芸人山里亮太さんが芸人分野での活動を見れなってしまうとちょっと寂しいですよね。