宮澤佐江が芸能界復帰へ 今後の活動は

芸能

宮澤佐江が芸能界を復帰したことにより、今後の活動はどうなっていくんでしょうか?

元AKB48で女優の宮澤佐江さんですが、2018年5月に所属事務所・フレイヴエンターテイメントとの契約を7月で終了し芸能界を引退しましたが、先月1年間の充電を経てパワーアップした宮澤さんが、ホリプロに所属し心機一転芸能生活をスタートをしました。

これを受けて、宮澤さんの今までの経歴や、今後の方向性などを予想していきましょう!

スポンサーリンク

宮澤佐江ってどんな人?

大島優子、秋元才加らと共に2006年の2期生

東京都出身で、「AKB48」チームKのメンバー活躍していて、選抜総選挙の最高位は2015年の第8位まで上り詰めました。

明るい笑顔とボーイッシュなキャラクターで人気になりAKB時代のキャッチフレーズは「チームKの元気のみなもと」「ゲンキング」で個人としてテレビや映画で活躍してきました。

2012年にはSNH48へ移籍し2014年にSKE48との兼任が発表されそれから2年後の2016年にSNH48及び、AKB48グループから卒業しました。

そこからはミュージカル、女優、リポーター等幅広く活動していましたが、活動方針に一貫性はなかったようです。

AKB48を卒業してから、正直メディアの露出など少なかったように思えますね。

活動休止の理由は『少し休んで見つめ直したい』

2006年にAKB48の一員としてデビューし、約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したいとの思いから、2018年7月末日を持って芸能活動を一時休止することになりました。

サンスポより引用

生活が苦しかったかもしれない

宮澤さんは以前テレビ番組で収入は”10万円”と語っていたことがあり、卒業後、仕事がなかなか回ってこなくて生活が苦しかったかもしれないと業界内で言われてきました。

実際の所この金額が月収なのか、年収なのか分からなかったのですがどちらにせよ”10万円”はとても少ない事が分かりますね。

大手事務所 ホリプロに所属

歌手の板野友美や河西智美も同じ事務所

多数のタレントや俳優、女優が所属するホリプロに宮澤さんも所属することになりました。

宮澤さんは「知っている人たちがいるので、ホームに入らせてもらうよう。演じる事を軸に、バラエティーなど色々なことに挑戦したい」と語っていました。

やはり、元メンバーが同じ事務所に居たら心強いですし、やる気もどんどん湧いてくるような気がします。

ピーターパンで一年ぶりに女優復帰

7月21日に彩の国さいたま芸術劇場で開幕するミュージカル「ピーターパン」で1年ぶりに女優復帰をする予定で、再びステージで輝く姿が見れます。

今後は、以前から力を入れていた女優活動や、バラエティー活動、舞台などで活躍していくと思います。

View this post on Instagram

【お知らせ】 この度、2019年7月1日より『株式会社ホリプロ』に所属することになりました。 大先輩の役者さんやタレントさんが沢山いらっしゃるホリプロに所属させて頂ける事に常に感謝し、気持ちを新たに精進して参りたいと思います。 まずは来月から始まるミュージカル『ピーターパン』で最高な再出発を切れるよう頑張ります。 また、本日発売されましたサンスポで再出発に関してもお話ししていますので一人でも多くの方に見て頂けたら嬉しいです☺︎ . これから出会える沢山の新しいこと、もの、ひと、への期待を胸に、再出発を私なりに楽しみます。 とはいえまだまだ未熟な私なので、色々な方のお力が必要であります。この場に戻って来られた事を当たり前に思わず身を引き締めて頑張りますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。! . 宮澤 佐江

A post shared by 宮澤佐江 Sae Miyazawa (@sae_3830) on

待望の復帰にツイッターでの声は?

コメントには、宮澤さんのファンから「おかえりー!!!」と温かく迎えてれていてずっと信じて待っていた甲斐がありますね。

それと同時にやはり”推し”が芸能界復帰してくれてまたテレビ越しや、劇場越しで会えるのは本当に嬉しいですよね。

活動再開のきっかけは”兄”からの言葉

7歳年上の兄の結婚式で貰った手紙

昨年11月に兄の結婚式に出席した際に披露宴のテーブルに置かれた兄からの手紙に「休みたいかもしれないけど、お前が活躍している姿を見たい」と書かれており、兄からそんな言葉をもらえたことが嬉しくて活動再開のきっかけになったと語っていました。

その他にも、以前舞台で共演していた恩人として慕う俳優、岸谷五郎さんなどからも背中を押されていたそうです。

ファンも含め宮澤さんの事を待ってくれている人が居ていつまでも応援してくれる限りずっと芸能活動を続けて行くと思います。

これからのますますのご活躍を楽しみにしています!