八村塁がNBAドラフトで1巡目指名 どんな選手なのか

バスケ スポーツ

八村塁選手がNBAドラフトで一巡目指名を受ける快挙です。

日本人が初めてバスケ世界最高峰のNBAで一巡指名を受けたということもあり、巷ではどれほど八村選手がすごい選手なのか話題になっていますね。

そこで、八村さんの経歴を中心に解説します。

スポンサーリンク

世界最高峰のNBAで一巡目指名

日本人で初めてNBAで一巡目指名を受ける

ワシントン州にあるゴンザガ大学に在学中の八村塁選手は、全米大学体育協会(NCAA)男子バスケットボールトーナメントで活躍し、所属大学チームを準優勝に導いたこともあります。

ゴンザガ大学でのプレーで注目を集めていた彼は、今月20日に行われたNBAドラフト会議でも話題になり、最終的にワシントン・ウィザーズから指名を受けることになります。

そしてその指名がなんと日本人で初めてNBAで一巡目、全体9位だったのです。

指名を受けるだけでもすごいのに、八村塁選手はNBAで一巡目指名とは、一体どんな選手か気になってきますよね。

八村塁ってそんなすごい選手なの?

実は元野球少年

ベナン人の父と日本人の母を両親に持つ八村塁選手は、中学で野球部に所属し、イチローさんに憧れる野球少年でした。

同級生から誘われたことがきっかけで、バスケに転向しましたが、身体能力を誇る彼なら野球のままでも大リーガーになっていたのではと想像してしまいますね。

バスケ転向後の華麗な経歴

バスケに転向するや否や、八村塁選手はチームの全国中学校バスケットボール大会準優勝に貢献、大会ベスト5にも選出されました。

明成高等学校に進学後もその勢いは止まらず、「ウィンターカップ」で三連覇を成し遂げました。

高校卒業後は渡米を決断し、上述のゴンザガ大学へ進学。

全米から注目を集めるプレーを繰り広げるようになりました。

このような華麗な経歴を経て、八村塁選手はNBA一巡目指名という名誉を得るのです。

八村塁のポジションは?NBAから分析

スモールフォワード:レブロン・ジェームズ

八村塁選手はスモールフォワードやパワーフォワードのポジションを務めることが多いです。

スモールフォワードと言えば、誰もが知るスーパースター、レブロン・ジェームズがいますね。

34歳になった今でも、レブロン・ジェームズは現役で、ロサンゼルス・レイカーズに所属しています。

五輪では、二度母国アメリカに金メダルをもたらしていますので、今後は八村類さんが東京五輪でメダルをもたらすことも期待してしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AD on da way!! @antdavis23 🤣. Let’s get it bro! Just the beginning..👑 #LakeShow

LeBron Jamesさん(@kingjames)がシェアした投稿 –

八村塁のNBA一巡目指名に世間の声は?

八村塁のNBA入りを祝福する声が多数

Twitterでは、八村塁選手のNBA入りを祝福する声が多いです。

特に、日本人一巡目の指名というインパクトに驚いている声が多いですね。

八村塁の今後は?

ワシントンでの新たな旅

今回、八村塁選手を指名したのは、ワシントン・ウィザーズというチームです。

「ワシントン」という名前から八村選手が在学中のワシントン州ゴンザガ大学と同じエリアのように思えますが、違います。

ワシントン・ウィザーズはワシントン州ではなく、首都ワシントンD.C.にあるチームです。

それゆえ、八村選手はこれから西海岸から東海岸の大移動を果たし、新天地で凌ぎを削ることになるでしょう。

バスケ日本代表監督フリオ・ラマスがいうように、「これからワシントンで始まるNBAという新たな旅」に期待しましょう。

以上、八村塁選手のNBA一巡目指名について解説してきました。

プロバスケットのトップリーグB.リーグも盛り上がっていますし、東京五輪への日本男子の出場も決定し、バスケ人気が高まりつつあります。

八村塁選手のNBA一巡目指名により、バスケ人気がさらに高まり、ゆくゆくはメダル獲得までつながれば嬉しいですね。