伊藤英明ハリウッドへ 映画の内容は?

ハリウッド 芸能

伊藤英明さんのハリウッド映画はどんな内容でしょうか。

伊藤さんがハリウッド進出というニュースが入ってきましたが、詳しい内容がよくわからないですよね。

ここでは映画の内容や、日本人がハリウッド進出した他の映画を取り上げ、ヒット予測をしていきます。

スポンサーリンク

伊藤英明が出演するハリウッド映画の内容は?

伊藤英明のハリウッド進出が決定

俳優伊藤英明さんが米映画「ザ・ドアマン」でハリウッドデビューすることが判配給会社より発表されました。

伊藤さんはテロリスト役で、全編英語のセリフをこなすということです。

なんと、監督も日本人

日本人がハリウッド映画に出演するだけでもすごいことなのに、本作はなんと日本人監督、北村龍平さんがメガホンを取っています。

北村さんは上戸彩さん主演の「あずみ」や小栗旬さん主演の「ルパン三世」の監督をしたことでも有名ですよね。

俳優も監督も日本人で、ハリウッド作品となれば、「ザ・ドアマン」を観てみたくなります。

伊藤英明さんが出演するハリウッド映画はどんな内容は日本人観客も想定しているでしょう。

伊藤英明さんの経歴をおさらい

「第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞した伊藤英明さんは、CM出演を機に芸能活動を本格化させます。

その後は、テレビ朝日系ドラマ「YASHA-夜叉-」でドラマ初主演を果たし、俳優の道を確立していきました。

何より、伊藤さんといえば「LIMIT OF LOVE 海猿」の主演ですよね。

ドラマが好評だった上、映画化もされ大ヒットしました。

あれだけのアクションもこなせるのですから、伊藤さんは元々ハリウッド向きだったのかもしれません。

日本人が出演したことのあるハリウッド映画は?

ラストサムライ

トムクルーズ主演で明治という新時代に取り残された武士を描いた「ラストサムライ」は世界でも話題の作品となりました。

日本人にとっては、渡辺謙さんや真田広之さんという名優を世界に知らしめた作品としても有名ですよね。

渡辺さんは本作品で、ゴールデングローブ賞助演男優賞やアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

硫黄島からの手紙

名優であり、名監督でもあるクリント・イーストウッドがメガホンを取り、撮影された「硫黄島からの手紙」は主演に渡辺謙さん、共演者には嵐の二宮和也さんを迎え入れました。

ハリウッド映画にもかかわらず、出演者はほぼ日本人、そして全編日本語という新しい試みで、アカデミー賞作品賞にもノミネートされました。

外国語映画賞ではないところがすごいところですよね。

この映画では、二宮さんの演技も絶賛されていました。

伊藤英明さんが出演するハリウッド映画の内容も外国人を惹きつけるものなのでしょうか。

伊藤英明のハリウッド進出に喜びの声

Twitterの声

案の定、ツイッターでは伊藤英明さんのハリウッド進出に喜びの声が溢れています。

伊藤英明さんのハリウッド映画内容を踏まえ、役のことを気にする声も多いみたいですね。

映画の詳細情報

ロケ地はルーマニア?

伊藤英明さんは現在ルーマニアで撮影中とのことです。

テロリスト役で全編英語でロケ地がルーマニアとはワールドワイドな感じがたっぷり出ていますね。

演じる役は東洋人の可能性が高いでしょうから、今後日本もロケ地に含まれるのか注目です。

共演には名優ジャンレノも

なんと、この映画はフランスの名優ジャンレノが出演します。

これで、世界的にも話題の作品になりそうですね。

また、オーストラリア人女優のルビー・ローズも出演するとのことです。

映画「トリプルX:再起動」にも出演している女優さんですので、名前を聞いたことがなくても、顔を見ると気づく人も多いはずです。

映画のヒット見込みは?

呪怨のアメリカ版は大ヒット

日本人としては、日本人監督、日本人俳優が出演するということで嬉しい限りですが、現地のしきたりもわからない中でヒットが見込めるのでしょうか。

実は、ホラー映画「呪怨」はハリウッドでもリメイクされていますが、この監督は日本人の清水崇さんです。

ハリウッド版呪怨も大ヒットし、続編まで作られたので、日本人監督でも十分ヒットさせることは可能です。

しかし、呪怨はJホラーは海外で評価される日本独自のジャンルで勝負できたのが強みでした。

今回はアクション・サスペンスという世界共通のありふれたジャンルでしょうから、他の作品とどうやって差別化図れるかが勝負の見せ所になりますね。

以上、伊藤英明さんが出演するハリウッド映画の内容について解説してきました。

過去作品からもわかるように、伊藤さんはアクションもこなせる俳優さんです。

この映画をヒットさせ、今後は米国人監督作品で主演というのも観てみたいですね。